ブログ|流山市おおたかの森南で小児科医,小児科・アレルギー科をお探しの方はかよ小児科・アレルギークリニック流山まで

04-7157-2860

休診日:水曜、日曜、祝日

院長コラム

子供の代弁者

2021年2月15日

こどもの代弁者

第3号:2019年10月

 

キャリアウーマンのお母さんは、新聞片手にとにかく忙しそうでした。Wi-Fiにつなぎ、問診を書きながら、かばんには病児保育書類を忍ばせて・・・。

 

まだ1歳過ぎたばかりのお子さんが、朝吐いたとのことでした。診察した時にはだいぶすっきりしていましたが、お子さんの吐く原因として、胃腸炎の始まりや疲れといった比較的軽いものから、髄膜炎や腸重積、盲腸など重症な病気がかくれていることもあります。吐いた直後の診察ではわかないことも多く、半日~1日観察していく中で、症状がはっきりしてきて診断がつき、追加の治療が必要になります。ですから、吐いた直後に病児保育に預けることは非常にリスクが高く、仕事を調整して看病して欲しい旨を伝えました。

ところが、「あなたに、そんなこと言われたくない。その言い方は親として嫌な気持ちになる」とおしかりを受けてしまいました。きっと診察後にそのまま病児保育へ、そして仕事へと考えていたのでしょう。それが私のひとことで覆され、お怒りとなったのかもしれません。男性と肩を並べてバリバリ働いているのでしょう、こどもの病気で弱みをみせられない、現場に穴をあけられない、大事な商談がある等、状況やお気持ちは想像に難くありません。仕事をしながらの子育ては、それなりの強い覚悟が必要なものです。

けれどわれわれは、親御さんの味方でありサポート役であるとともに、一番は「こどもの代弁者」でありたいと思っています。とくに0歳や1歳の乳幼児は、自分で「痛い」「苦しい」を表現できません。そのつらさに寄り添い、時にそれが親御さんにとって不都合なことでも強く言う、そして言い続けなければいけない時があるのです。

長らく医療現場にいると、大丈夫と思っていたお子さんが急変したりする苦い経験が数々あります。だからこそ、常にお子さんファーストでありたいと。

 

親御さんにとって都合の悪い事、それはお子さんの「つらさの代弁」と理解していただければ幸いです。

 

心の処方箋

2021年2月15日

心の処方箋

第2号:2019年9月

 

先日、小学校2年生の女の子がこんなお話しをしてくれました。“学校で鉄棒から落ちて、顔にけがをしてしまった。保健の先生が、絆創膏をはってくれて、最後に「痛かったね」と言って、ぎゅっと抱きしめてくれた。それがとっても嬉しかった”と。素敵なエピソードですよね。けがをした直後で痛いし、けがをしたショックもあったでしょうが、先生が抱きしめてくれたことで、きっとその子の痛みは半減したことでしょう。

「けがをしないように、気をつけなさい」とか、「もうなんで落ちるかなー」とか、親ならいってしまいそうなところですが、さりげなく子どもの心に寄り添ってくれた保健の先生は、子どもの良いお手本になったと思います。きっとその女の子は、誰かが同じようなけがをしたとき、「痛かったね」「つらかったね」といいながら、そばにいてあげるかもしれません。

子どもは、“親のいう通りにならないが、する通りになる”と言われます。ついつい、日常的に「あいさつしなさい」「お礼をいいなさい」「本を読みなさい」「勉強しなさい」「それをしてはだめ」「なんでそんなことするの?」と否定や禁止、命令語のオンパレードになっていないでしょうか。親御さんが笑顔で挨拶していると、やがて子どももそれを真似て挨拶するものです。そんなタイミングで、目をみて笑いかけて、「上手にご挨拶できたね」といいながら、頭をなでてみてください。子どもはそれが嬉しくて、これからも挨拶することでしょう。親が日常的に本を読み、何かに頑張る姿をみて、子どもも奮起するものです。われわれ大人は、先述の先生のように子どもの良いお手本でありたいものですね。

 

子どもの心に本当に響くもの。それは言葉ではなく、表情や態度、姿勢なのかもしれません。100回同じことを言うよりも、たった1回態度で示したことの方が、よりずっしりと心に刻まれることもあるのではないでしょうか。

 

笑顔で抱きしめる。忙しい日常の中で、そんな余裕を少し持てたらいいですね。

スキンケアいつまで?

2021年2月15日

スキンケアいつまで?

               第1号:2019年8月

 

 

湿疹の相談にいらっしゃり、治療してよくなるとよくこんな質問を受けます。「いつまでスキンケアをつづければいいのでしょうか?」そんな時、私はこんなお話しをします。虫歯ができて歯医者さんで治療した後、歯磨きをやめますか?今まで以上に虫歯にならないように、丁寧に磨くことでしょう。それと同じですよと。

歯磨きは一生の習慣、ところがスキンケアは限定的と思ってらっしゃる方が非常に多い。きちんと磨いていても虫歯になりにくい人、虫歯になりやすい人がいるように、お肌も人それぞれ違います。たいしてケアしなくてもきれいな人もいれば、油断するとすぐに湿疹ができたり、水いぼができたり、とびひになったりする人もいます。いわゆるアトピー性皮膚炎の人もしかりです。どうしてうちの子だけこんなに虫歯になりやすいのと嘆いても仕方がないように、どうしてうちの子だけこんなに皮膚が弱いの?といくら嘆いても、答えは出ません。ケアしてあげるしかないのです。原因を追究してもしかたがないことは、そうならないための手段をみつけるしかないのです。

 

それを提案するのが我々の仕事であり、実践していただくのが親御さんの役割です。学校が、部活が、習い事がという理由から定期通院ができないとおっしゃる方がいます。たかが皮膚、されど皮膚。皮膚の痒みは集中力をかき、眠りを妨げ、部活動の後汗をかくとさらに悪化します。勉強や部活や習い事に集中できなくなってしまいます。本来、心と身体の健康があっての、学校や習い事であると私は考えています。優先順位の問題です。ですから部活を早退してでも、習い事の日を振り替えてでも、月に1回もしくは2か月に1回定期通院していただきたいと考えています。

 

 

歯磨きはいつまでやりますか?皮膚もそれと同じですよ。

ホームページを公開いたしました

2017年9月22日

かよ小児科・アレルギークリニック流山は2017年9月19日に新規開院いたしました。

皆さまのご来院を心よりお待ちしております。

1 2 3